ドロヘドロ9巻のネタバレと感想・考察・あらすじを徹底的に解説

ドロヘドロ

こんにちはです。

今回はドロヘドロの漫画9巻(50話〜55話)のあらすじ、感想、ネタバレなどについて解説していきます!

 

ニカイドウの昔の話がついに明かされ始めました。

八雲も登場です!小さいニカイドウ可愛いんですよね!

 

今回もネタバレガッツリ含みます。

ネタバレ全然OKだぜって方はそのまま進んでみてください!

 

ドロヘドロ9巻の登場人物

ホールの住人

カイマン 主人公
顔をトカゲに変えられた男
自分に魔法をかけたやつを探してる
ニカイドウ(二階堂) カイマンの友達
空腹虫を経営している
時間を操る魔法使い
煙と契約をした
カイマンの口の中の男 カイマンの口の中にいる十字目の男
バウクス先生 ホールで魔法使にかけられた人間を治してる
カスカベ博士 魔法使いの研究をしている
魔法にかけられて子供姿をしている
ジョンソン カスカベ博士博士のペット
「ショッキング!」が口癖
13くん ニカイドウの店に来る常連
ニカイドウのことが好き

煙ファミリー

煙(エン) 魔法使いのファミリーのボス
キノコの魔法
十字目組織のボスを追っている
藤田 煙ファミリーの一人
パートナーの松村を殺された
恵比寿(エビス) カイマンに魔法をかけた可能性がある少女
ゾンビ化しておかしくなる
トカゲに返信するケムリをだす魔法
心(シン) 煙ファミリーの掃除屋
能井のパートナー
バラバラにする魔法
人間と魔法使いのハーフ
能井(ノイ) 煙ファミリーの掃除屋
心のパートナーで煙のいとこ
回復の魔法
キクラゲ 生命を与える動物
死骸があると煙を出す習性
泣き声は「ンニャ」
可愛い
鳥太 煙のことが大好きなファミリーの一員
魔法を解く魔法をつかう
ニカイドウの偽物に姿を変えている

魔法の世界の住人

川尻(アス) 元々はアスという悪魔
ニカイドウの昔からの知り合い
自由に空間を移動する魔法使い
会川 栗鼠のパートナー
十字目組織をよく思っていない
栗鼠が探している
八雲 ニカイドウの親友
空を飛ぶ魔法使い

悪魔

チダルマ 悪魔の一人
煙と仲が良い
アス ニカイドウのことを助ける
ストア 悪魔でも魔法使いでもない
悪魔を魔法使いに変えたときに切る肉を売っている

十字目組織

栗鼠 カイマンの口の中にいた男
生首で発見されキクラゲに生命を与えてもらった
毒蛾 組織の幹部でボスの側近
栗鼠が殺された時を見ている
鉄条 組織の幹部でボスの側近
毒蛾のことを気に掛ける
牛島田 組織の幹部でボスの側近
大家さんに好かれている
力持ち
佐治 組織の幹部でボスの側近
手先が器用
組織の幹部でボスの側近
ナイフを器用に使う
夏木 新人
カイマンを慕いついてくる

重要じゃないキャラ

大家さん 十字目幹部の大家
牛山田の事が好き
ダイエット虫 胃に飼い
食べたものを代わりに消化してくれる
コールマンさん 『彼』のおじいちゃん
魔法被害で首が長い

ドロヘドロ9巻の各話あらすじ

50話あらすじ「めぐるめぐるよ記憶がめぐる」


栗鼠のしたいから何かが吹き出る 出典:『ドロヘドロ』コミックス9巻より

・カイマンはザガン魔法訓練学校につき頭が痛くなる。学校はすでに廃校していて、ニカイドウ達を学校前に置いてカイマンは1人校内に入る。

・学校に来てから記憶が関係しているのか、頭痛が激しいカイマン。職員室で栗鼠の名簿を見つけた瞬間、栗鼠がみていた記憶と重なる。(49話の)

前に見た死体がいる部屋の死体は栗鼠だった。栗鼠の死体袋を開けると死体から何かが出てくる。

 

51話あらすじ「カムバック ホール」


十字目が消えているカイマン 出典:『ドロヘドロ』コミックス9巻より

・カイマンを心配したニカイドウ達が様子をみにくると、カイマンは倒れ込んでいた。カイマンの鱗が無理やり剥がされていたので、夏木は治療する。

カイマンには目の十字が消えていた。

・カスカベ博士達はホールに帰ってきた。能井や心に十字目のボスの情報である資料を見せる。それはカスカベ博士が一番大事にしているもので、魔法使い研究の原点だった。

・カスカベ博士が見た十字目のボスと思われる『彼』はホールの人間だった。カスカベ博士に実験の協力をしていた。

・心と能井と共にカスカベ博士と『彼』に会うために家に行く。そこには首が長いその人物のおじいちゃんであるコールマンさんがいた。

『彼』は13年前にすでに死んでいた。心と能井は墓にいき掘り返すと提案する。

 

52話あらすじ「コガネムシは金持ちだ♪」

・十字目幹部達は大家さんの死を隠蔽するために、大家さんの死体を大家さんの屋敷に持ってきていた。

・厳重な警備システムを5人の技でなんとか潜入する。

・カスカベ博士にはヒドラのアジトを見たことで、『彼』が墓に入らずどこで生きている可能性あると感じていた。棺桶には死体は入っていなかった。

・大家さんを自殺に見せるために色々なことを試す幹部達。首吊りに見せかけようとしている時に、鉄条が栗鼠を殺せなかった理由を聞いた。栗鼠の魔法が関係しているらしい。

・大家のお腹から突然ダイエット虫が出てくる。ダイエット虫はお腹で飼う食べたものを吸収してくれる虫だ。大家が死んだので餌がなくなり、お腹を食いちぎって出てきたのだ。

 

53話あらすじ「かわいいお肉屋さん」

ストアに売られるアスの肉 出典:『ドロヘドロ』コミックス9巻より

・地獄の入り口にあるお肉屋さんに入るとある悪魔と候補生。その店主は悪魔でも魔法使いでもない存在で候補生の目には見えなかった。そこの肉を食べると悪魔に近づける。

・アスはチダルマに仲間に秘密を持ち悪魔になりきれていなかったので、吊るされていた。そこに「ストア」が来る。

・ストアに切り刻まれ、アスは悪魔から魔法使いの「川尻」に戻った。魔法使いに戻ったので鳥太の魔法が溶けることを心配する川尻。

・ニカイドウは偶然、煙の手下に見つかってしまう。なんとか手下を全員殺したニカイドウだったが、カイマンは動けずにいた。ナイフ使うとニカイドウも刺す気がしたのだ。

・ニカイドウは煙の手下に見つかったことで、鳥太もしくは、アスに何かがあったのでは考える。

・アスの肉はストアで売られていた。

 

54話あらすじ「過去への扉」


武道を教わるニカイドウ 出典:『ドロヘドロ』コミックス9巻より

・鳥太は屋敷でニカイドウの日記を見つける。ニカイドウは正気を失っても魔法を使わないようにと、契約書を体内に入れられてから日記を残していたのだ。

・ニカイドウは田舎で生まれて両親は死んでいた。ニカイドウはおじいちゃんやおばあちゃん、川尻兄ちゃんと親友の「八雲」と生活していた。

・ニカイドウは3歳くらいで煙が出るようになるが、黒いキューブが出るだけだった。八雲の魔法は空を飛ぶことだ。八雲は赤ん坊のときにおじいちゃんとおばあちゃんに川で流されているところを拾われた。

・狩人という子供の魔法使いをさらうのがはやっていた。狩人に見つかるが川尻の魔法で逃げた。川尻の魔法はどこにも自由に移動ができる魔法で千里眼もある。

・餃子はおばさんの得意料理だ。

八雲に拳法を教わるニカイドウ。その頃川尻も悪魔になる試験を受けることを決めた。ニカイドウも魔法が少し使えるようになっていた。

・日記を読んでいる途中で煙がきて、ニカイドウ(鳥太)は魔法が解けて鳥太に戻ってしまった。

・その頃、ベリスの街に着いたカイマン達。

 

55話あらすじ「最後の夜・2人」


お別れを言う恵比寿 出典:『ドロヘドロ』コミックス9巻より

・煙にニカイドウが鳥太だったとばれたが、煙に責められた拍子に煙とニカイドウの契約書をちぎってしまった。その瞬間煙は気絶する。

恵比寿は煙の屋敷を出て行こうとする。藤田に声をかけられるが、記憶が戻ったのがお家に帰るとさってしまう。

・カイマン達はアジトを見つからないので、一度ベリス温泉に泊まる。そこには十字目の幹部達が働いていた。

・元気がなかったカイマンを心配するニカイドウだが、カイマンはお酒を飲んで少し元気を取り戻した。ニカイドウはカイマンに全てが解決したら、店を手伝ってほしいという。ニカイドウは今言わないといけない気がしていた。

 

魔のおまけ

・煙ファミリーでは舞踏会が開催される。藤田達はソワソワしていた。

・心は10年前に掃除屋になったばかりに舞踏会に参加したことを思い出していた。舞踏会はダンスをしながら、女をダンスに誘うものだ。女とダンスをしないと悪魔から矛で疲れる。

・女を捕まえられない心に鳥太は女を紹介した。心は10年前のその女がまたきているか考えていた。

・舞踏会の日藤田は結局恵比寿と踊る。

・能井は先輩を見つけ一緒に踊るように誘う。そこで10年前に踊った女が能井だったと気づく。

 

ドロヘドロ9巻の感想

トイレットペーパーを持って帰る幹部達

十字目組織の幹部が貧しい!!(笑)

金持ちの大家の家に行っても、まず思いつくことは「トイレットペーパー持って帰ろう」。

 

へっ?笑

 

本当に慎ましく生きてます。

そこがまた憎めないんですよね。明らかに実力もあって強いのに本当に5人仲良く謙虚に生きてる。

バイトも色々掛け持ちしているみたいです。

 

がんばれ幹部たち!!

 

鳥太がニカイドウの格好をしてるとなぜ知っているの

ニカイドウは鳥太がニカイドウの格好をしているところを見る前に、アスのドアで移動しています。アスは鳥太をニカイドウに変えた後、ニカイドウに会っている描写もありませんでした。

どうしてニカイドウは鳥太がニカイドウだと知っていたのでしょうか。

なぞです、、、

 

能井の昔可愛い

美人の能井 出典:『ドロヘドロ』コミックス9巻より

基本的にドロヘドロで萌えとして可愛いと感じる事があっても、あまり女性キャラを可愛いと感じる事はありませんでした。みんなマッチョだし、、

おっぱいが見えても、こんな嬉しくないおっぱいあるのかって感じです。(笑)

でも、今回の魔のおまけの能井は可愛かったですね。普段暴力的でうるさい分ギャップもありますしね。

ニカイドウも女性らしくなってきますし、必見です。

 

ドロヘドロ9巻の考察

ダイエット虫怖すぎ

ダイエット虫、、食べたものを全てその虫が食べてくれるので痩せるというものです。

 

これは便利だけど、、怖い(笑)

 

現実の世界で考えるとどうなんでしょうね、栄養は絶対取れない体は壊すでしょうね。

でも実際こういうのあったらたくさん食べれて嬉しいです。

 

アスの名前の由来

アスは魔法使いの頃の名前は『川尻』。

つまり川尻の尻をとってアスなんでしょうね。(笑)

アスはass(ケツだから)。

 

川尻兄ちゃんは面倒見が良さそうですね。

これからの川尻の兄ちゃんの活躍に期待です!

 

ドロヘドロ9巻の謎のネタバレ(こちらは徐々に追記していきます。)

・カイマンの正体は会川なの?

・カイマンの十字目が消えたのはなぜ?

・カスカベ博士の知る『彼』とは一体何者?

・恵比寿は記憶が戻ったの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました