ドロヘドロ1巻のネタバレと感想・考察・あらすじを徹底的に解説

ドロヘドロ

こんにちはひとたこです。

今回はドロヘドロ の漫画1巻(1話〜6話)のあらすじ、感想、ネタバレなどについて解説していきます!

ドロヘドロ非常に複雑な構成で、細かな描写まで探ることによってより楽しめる作品です。

今回はそういった考察や、ネタバレについても書いていきます。

ネタバレはガッツリ含みますがドロヘドロはネタバレが分かったとしても、その細かな絵や、キャラクターのやりとりの魅力から十分に楽しめます。

ではいってみましょー!

ドロヘドロ1巻の登場人物

重要なキャラクター

カイマン 主人公
顔をトカゲに変えられた男
自分に魔法をかけたやつを探してる
ニカイドウ(二階堂) カイマンの友達
カイマンと一緒に魔法使いを殺している
飲食店を経営している
カイマンの口の中の男 カイマンの口の中にいる謎の十字目の男
口癖は「お前は違う」
藤田 煙ファミリーの一人
パートナーの松村を殺された
煙(エン) 魔法使いのファミリーのボス
バウクス ホールで魔法使にかけられた人間を治してる
カイマンバイト先の雇主
恵比寿(エビス) カイマンに魔法をかけた可能性がある少女
カイマンに顔を剥がされ頭がおかしくなる
藤田に助けられる
心(シン) 煙ファミリーの掃除屋
能井のパートナー
能井(ノイ) 煙ファミリーの掃除屋
心のパートナー
煙のいとこ

重要じゃないキャラ

松村 煙ファミリーの一人
カイマンに殺された
虫に変化させる魔法使い ホールで人間を変化させていた
カイマンに殺される
十字目のじじい 煙によって殺される
愛茸、舞茸 煙を殺そうとしたが逆に殺された
バーの店主 よだれがすごい
針師の魔法使い なぜかホールにいる魔法使い
カイマンの顔をもとに戻そうとする

ドロヘドロ1巻各話あらすじ

1話あらすじ「カイマン」

松村を噛むカイマン 出典:『ドロヘドロ』コミックス1巻より

・カイマンとニカイドウは藤田と松村と戦っているが、カイマンに松村は殺される。

・カイマンには魔法が効かない、カイマンの口には十字目の男がいるそれがなぜなのかわからない。

・藤田はなんとか生き残り、ファミリーのボスである煙にカイマンとニカイドウのことを話す。

・カイマンは自分の顔をトカゲにした魔法使いを探していて、ニカイドウと一緒に殺してまわっている。

・この世界はホールと魔法使いが住む世界と分かれている。ホールには人間が住み、魔法使いは魔法でドアを出して、人間に魔法をかけて魔法の練習をするためにホールに来る。

・カイマンは記憶をなくした時にカイマンは路地にいた。そのときに路地の奥に男がいたけどそれが誰だかわからない。

 

2話あらすじ「ハングリーバグ」

・カイマンは、練習被害者病練でバイトをしていた。魔法使いに、魔法をかけられた人間を治療する病院。カイマンは魔法使いの情報を得られると思って働いている。

・カイマンとニカイドウが殺して回っているため患者が減っていっていた。今日は体の一部分が虫にされている患者がいた。

・ニカイドウはカイマンの病院に買い出しの途中に来ていた。カイマンが後でニカイドウの店に寄ることを伝え、ニカイドウはチャーシューを作りに先に帰る

・ニカイドウはハングリーバグ(空腹虫)という店を営んでいる。

・店の前でお腹を空かせている青年がいたので、ご飯を食べさせてあげたが、実は虫にする魔法使いだった。

・ニカイドウが虫にする下手くそ魔法使いがいたことを話すと、怒って二階堂の手足を虫にした。

・カイマンが店にやってきて、虫にする魔法使いを殺す。

・その途端、虫の魔法が溶けてニカイドウは助かった。魔法はかけた奴が死ねばとける。

 

3話あらすじ「悪夢の中のアイツ」

カイマンに魔法をかけたやつを藤田に探させるために、煙は藤田に魔法使いを調べられるデータを渡した。そのデータに恵比寿という女がヒットした。

・カイマンは、口の中から男が出てくる悪夢をよくみる。

・カイマンの口の写真を撮ったので、それを現像しに行く。

・その途中に恵比寿が現れたので、カイマンは恵比寿に噛みつき殺しかける。

・藤田は恵比寿とホールでたまたま、すれ違っていたのですぐ見つけられた。藤田はカイマンに殺されかけていた恵比寿をなんとか助けた。

・藤田に邪魔されたので、カイマンは恵比寿から口の中の男になんて言われたか、聞けなかった。

・写真にはカイマンの虫歯しか写らなかった。

 

4話あらすじ「袋の中」

・心と能井は煙から依頼されていた仕事で十字目の男たちを殺していた。二人は煙ファミリーの掃除屋(クリーナー)だ。いわゆる殺し屋。

ホールには雨が降っている。ニカイドウは体調が悪く寝込んでいた。魔法使いの世界では雨は降らない。ホールの雨は魔法使いの使う煙が、溜まってできたものだ。

・心の魔法は人を生きたまま、バラバラにすること。十字目の中のジジイをバラバラにしてビニール袋に入れて、煙の屋敷に帰っていった。

 

5話あらすじ「食事中はお静かに」

能井 出典:『ドロヘドロ』コミックス1巻より

・煙は心たちが生け捕りにした十字目のジジイから、十字目の集団の情報を聞くために尋問する。

・藤田は恵比寿を連れて服屋に来ていた。正装をすると心や能井がまつレストランに合流する。

能井は大柄だが実は女、煙のいとこだ。

恵比寿はカイマンに顔を剥がされたので、頭がおかしくなっていた。

心と能井はカイマンとニカイドウを殺すように頼まれた。

・愛茸と舞茸は、心と能井のために魔法でカイマンとニカイドウに変身した。しかし愛茸と舞茸は偽物で煙を殺そうとするのであった。

煙の魔法はなんでもキノコにする能力。愛茸舞茸の偽物をキノコにした。

 

6話あらすじ「隣の町の魔法使い」

・カイマンとニカイドウは、針で顔を変形させる魔法使いを探すためにマルミギという場所に向かっていた。

・マルミギには強盗やしたいがウヨウヨいる。ニカイドウは途中で襲われたが、返り討ちにして、その死体から針師の情報を得る。

・バーで針師を見つけ噛み付くカイマン。どうやらカイマンに魔法をかけた人物ではないようなので殺そうとするが、針師はカイマンの顔を治す魔法をかけてくれた。

・ニカイドウは針師の占いで「心臓が原因」よくないことが起きると言われる。

・カイマンは魔法がかけられた顔がムズムズしたので治ると思いきや脱皮だった。

 

魔のおまけ

魔法使いのマスクの作りを教えてくれます。

マスクは悪魔が作ってくれるのですが、エリートとそれ以外で対応が全く違いその光景がみられます。良いマスクができた時に悪魔は花をくれます。かわいいですね

 

ドロヘドロ1巻感想

大人気漫画『ドロヘドロ』最初の一コマは、トカゲ顔が人に噛み付いている非常にショッキングなシーンで始まります。

もうこの時点で、この漫画が面白いのは確定しました。

そして、なんと言っても世界観!

魔法使いVS人間 ですが魔法使いの魔法がなんだか渋い!

キノコにする魔法使いが出てきたり、人を生きたままバラバラにする魔法使いが出てきたり、足だけ虫にする魔法使いが出てきたり、キラキラした魔法なんて一切ない!もうめちゃめちゃ。だがいい。それがいい!!

世界観を理解するまでは時間がかかりますが、この世界特有の用語を覚えていくとあっという間に読み終えてしまいます。

 

ドロヘドロ1巻考察

魔法使いの世界でも雨は降るはず?

ホールの雨は、魔法使いが魔法を使った煙のせいだという描写があるんですけど、魔法使いの世界でも魔法を使えばケムリ出ると思うんですけどね。雨降らないんですね。

なんかホールで雨が降る理由がどこかにありそうです。

ドロヘドロの謎のネタバレ(こちらは徐々に追記していきます。)

路地にいた男はだれ?

カイマンに魔法をかけて顔を変えたのは誰?

口の中の男はだれ?

カイマンに魔法が効かないのはなぜ?

ニカイドウが雨の日体調を壊していたのはなぜ?

恵比寿が魔法をかけたカイマンに魔法をかけた?

松村は生き返る?

十字目の奴らはなにもの?

黒いケムリはなに?

口の中の男は恵比寿に何を言った?

コメント

  1. […] ドロヘドロ「1巻」のネタバレと感想・考察・あらすじを徹底的に解説 […]

  2. […] ドロヘドロ「1巻」のネタバレと感想・考察・あらすじを徹底的に解説 […]

タイトルとURLをコピーしました