ドロヘドロ5巻のネタバレと感想・考察・あらすじを徹底的に解説

ドロヘドロ

こんにちはです。

今回はドロヘドロの漫画5巻(24話〜30話)のあらすじ、感想、ネタバレなどについて解説していきます!

 

心と能井の出会いがついに明かされます!心×能井コンビが大好きな方は必見です。

ブルーナイトが始まりいろいろな人物が交錯し合っていきます。しっかりチェックしていきましょう。

 

今回もネタバレガッツリ含みます。

ネタバレ全然OKだぜって方はそのまま進んでみてください!

 

ドロヘドロ5巻の登場人物

ホールの住人

カイマン 主人公
顔をトカゲに変えられた男
自分に魔法をかけたやつを探してる
ニカイドウ(二階堂) カイマンの友達
カイマンと一緒に魔法使いを殺している
飲食店を経営している 実は魔法使い
カイマンの口の中の男 カイマンの口の中にいる十字目の男
栗鼠の姿
バウクス先生 ホールで魔法使にかけられた人間を治してる
カイマンバイト先の雇主
カスカベ博士 魔法使いの研究をしている
魔法にかけられて子供姿をしている
ジョンソン 下水にいた巨大ゴキブリ
カスカベ博士に飼われた
「ショッキング!」が口癖
13くん ニカイドウの店に来る常連
ニカイドウのことが好き

煙ファミリー

煙(エン) 魔法使いのファミリーのボス
キノコの魔法
十字目組織のボスを追っている
藤田 煙ファミリーの一人
パートナーの松村を殺された
恵比寿(エビス) カイマンに魔法をかけた可能性がある少女
ゾンビ化しておかしくなる
トカゲに返信するケムリをだす魔法
心(シン) 煙ファミリーの掃除屋
能井のパートナー
バラバラにする魔法
人間と魔法使いのハーフ
能井(ノイ) 煙ファミリーの掃除屋
心のパートナーで煙のいとこ
回復の魔法
キクラゲ 生命を与える動物
死骸があると煙を出す習性
泣き声は「ンニャ」 可愛い
鳥太 煙のことが大好きなファミリーの一員 魔法を解く魔法をつかう

魔法の世界の住人

会川 栗鼠のパートナー 十字目組織をよく思っていない 栗鼠に探されている
丹羽社長 レストランTANBAの社長 カイマンを雇う 乱暴だが良い人
福山 レストランTANBAの従業員 なんでもパイにする魔法使い
キリオン レストランTANBAの従業員 無口

重要じゃないキャラ

デザイナー ブルーナイトで着る煙ファミリーの服を作った
キノコちゃん 煙の魔法によりニカイドウの背中から生えた人形
心と能井をパートナーにしようと狙う ケムリを爆発させる魔法使い
心と能井をパートナーにしようと狙う 薬を作る魔法使い(たぶん)

ドロヘドロ5巻の各話あらすじ

24話あらすじ「ラララ怪人くん」

・魔法の世界に来たカイマンは魔法の世界に住み、ゆっくり記憶を取り戻そうと考える。そのために仕事を探し始めた。

・カイマンはチンピラに襲われている青年とそれを助ける大男を見つける。チンピラに青年が殺されそうになった時カイマンは青年を助ける。

・大男はレストランを経営していて、お腹をすかしているカイマンに食事を奢ってくれた。

・レストランは大男の丹羽社長とチンピラに襲われていた福山と、無口なキリオンで営業している。

・カイマンがお金がないことを知ると、丹羽社長はカイマンを雇ってくれた。カイマンはホールの人間と隠したまま、レストランTANBAに住み込みで働くことになった。

25話あらすじ「ゴージャス&モリモリ」

・4年に一度のブルーナイトのために衣装合わせをする煙ファミリー。ブルーナイトとは魔法使いのパートナーを見つける祭り。

・煙は時を操る魔法使いをパートナーにすることを諦めていなかった。そんな煙のもとにケムリ屋の鑑定マシンの最終履歴で、時を操る魔法使いかもしれないと情報が入る。店主を殺した奴が時を操る魔法使いだと推理した。

26話あらすじ「ブルーナイト・ランド」


パートナーが変わることを不安になる心 出典:『ドロヘドロ』コミックス2巻より

・レストランTANBAの従業員は、福山のパートナーを探すためにカイマン以外はブルーナイトに向かう。

・カイマンは留守番を頼まれてたが約束を破り、栗鼠を探すために魔法使いが集まるブルーナイトにいく。

・入場チケットがないカイマンは裏口から変装して侵入した。

・ファミリーの控え室では幹部が集まっていた(消さんの姿も)。応募者リストが配られるが藤田には、2枚しかパートナーの立候補がいなかった。恵比寿はファミリーじゃないの出してない。

心と能井は応募者リストを見てパートナーが変わるかもしれないと心配する。

・ブルーナイトは午前0時から3日間のうちに、目当ての魔法使いと浮いている家に行き悪魔の契約書にサインすると整理する。2人の同意がなくても無理矢理連れていってもパートナー契約はできる。

・ブルーナイトの開幕でカイマンは従業員のフリをしつつ、煙ファミリーの心や藤田の姿を見つけました。

能井は何者かに襲われた。

・ケムリ屋を調べている煙の手下は店に防犯カメラがあるのを見つける。そこにはニカイドウの姿が写っていた。

27話あらすじ「嗚呼、『花煙』」


能井を助ける心 出典:『ドロヘドロ』コミックス2巻より

・藤田は煙から心と能井の出会いの話を聞く。

・煙の経営するラーメンチェーン店『花煙』で、魔法の世界に来た心は食い逃げをする。能井は心を捕まえるために追ってきたが、心の腐った腕をみかねて治療する。心は隙をついて能井に攻撃し礼はいつかすると言い逃げる。

心は煙ファミリーの掃除屋になった。能井は悪魔になるための試験を受けている。能井のところに掃除屋になった報告をしにいく心。煙は歌手として『花煙』のテーマ曲を歌ったりした。

・悪魔になるための最終試験は1年後のブルーナイトの日まで魔法を使ってはいけないというものだ。

・ブルーナイトの3日前に爆と薬が心と能井をパートナーにするために襲いにきた。なんとか2人を倒すが、爆が死ぬ目に能井を攻撃する。心は能井を庇って体が真っ二つになってしまった。

・心は前に能井が治してくれた礼のつもりだったが、能井は心を魔法で治療してしまう。

・能井は悪魔の試験失格してしまった。心は落ち込んだが、翌日能井は煙ファミリーの掃除屋になり心の後輩となった。

・花煙は食中毒で潰れた。

28話あらすじ「すてきなミートパイ」


福山にパイにされる薬 出典:『ドロヘドロ』コミックス2巻より

・栗鼠は会川を探すためにブルーナイト会場に来ていた。

・カイマンは従業員として働くのが嫌になり、いつものマスクに替えて栗鼠を探しにいく。

・カイマンは薬から襲われている心を見つける。心は薬に負けて連れ去られる、カイマンは薬からアホ呼ばわりされた挙句、ホウキに轢かれたので怒っていた。

・カイマンは丹羽社長にみつかり怒られた。腹ぺこのカイマンに福山がお金をくれてカイマンは餃子の屋台に行く。

・餃子をかった瞬間、またもや薬のホウキに轢かれて餃子を落としてしまう。起こったカイマンだったが薬と合流した爆に返り討ちにされてしまう。

能井は再生能力が使えない箱に入れられているらしい。

・カイマンが襲われた瞬間を見ていた丹羽社長は、爆に怒りカイマンの仇を取ってくれた。爆はカイマンと丹羽社長に殺され、薬は福山の魔法でパイにされた。

・栗鼠は体の煙を補充するために、パートナー募集で回収されたケムリがある部屋にきた。その部屋に大きな箱があり栗鼠は開けてしまう。中には重症の能井がいて、開けた瞬間ケムリを吐き出した。復活した能井の横には栗鼠の体だけがあった。

29話あらすじ「珍キノコ出現!!」


ニカイドウの背中から出てくるキノコちゃん 出典:『ドロヘドロ』コミックス5巻より

栗鼠は能井のケムリを浴びて体が治っていた。

・藤田は松村の肉片をネックレスにしていた。藤田は応募した2人の魔法使いを待つがなかなか来ない

・煙は時を操る魔法使いやカイマンの情報、リスの行方など全てが中途半端でイライラしていた。鳥太はその様子を見ていたが、何かを知っていそうだった。

煙にケムリ屋を襲った人間が、栗鼠をさらいに来た女と同じ人物だとバレた。

・煙はニカイドウに魔法が残っていると予想し、ニカイドウに魔法をかけた。

・ニカイドウと13くん・カスカベ博士・ジョンソンは空腹虫でバウクス先生の誕生日会を行っていた。

・突然ニカイドウの背中からキノコが生えてきた。

30話あらすじ「キノコちゃん、いらっしゃ〜い❤︎」

・ニカイドウの背中からキノコちゃんがでて襲ってくる。バウクス先生はきのこにジョンソンも足をきのこにされてしまった。

・ニカイドウは屋根裏にあるマスクを取りにいく。マスクはアスが作ってくれて、魔力を高めるパワーがある。

・なんとかキノコちゃんを倒したが、煙が巨大なドアを床にだし全員煙の屋敷に連れて来られてしまった。

魔のおまけ

・カイマンは道にある大葉と生姜を採る。

・それをもとに空腹虫でニカイドウと二人で餃子を作る。

・屋上で大場餃子を食べた。

ドロヘドロ5巻の感想

ドロヘドロの各話のタイトルについて

皆様お気づきでしょうか、、

 

最初に比べてタイトルがふざけ始めてきています。(笑)

最初はわかりやすい『悪魔の中のアイツ』とか『隣の街の魔法使い』とかわりとカッチリしたタイトルでしたが、だんだん『キノコちゃん、いらっしゃ〜い❤︎』『すてきなミートパイ』というように、テキトーさやユーモアが入ってきました。

ちなみに私はこのおふざけタイトルの今の方が好きです!

爆と薬は強い?

ずっと気づかなかったのですが、能井と心を襲った二人、爆と薬ですが合わせて『爆薬』だったんですね。

あんまりどうでも良いですけど、小ネタでした。

 

私的に心と能井がこの爆薬コンビを恐れていたのがちょっと違和感でしたねー、、実際襲われて心と能井は危機一髪でしたが、あれだけ自信満々の心と能井が怖がるという描写にまず少し違和感が。

しかも爆薬コンビそれほど強そうじゃないし、、

 

ドロヘドロ5巻の考察

ドロヘドロの名前表記について

ホールと魔法使いの世界で名前の表記が違うことにお気づきでしょうか。

ホール「カイマン、ニカイドウ、バウクス、カスカベ」

魔法使いの世界「煙、藤田、心、能井、丹羽、福山」

ホールは『カタカナ』表記で、魔法使いの世界は『漢字』なんですよ!

 


漢字で呼ばれる二階堂 出典:『ドロヘドロ』コミックス5巻より

二階堂が魔法使いの世界に来て、煙に名前を呼ばれた時も『二階堂』と漢字で書かれていました!

 

すると気になるのが、レストランTANBAの無口の女、、覚えているでしょうか

 

 

『キリオン』

 

 

カタカナ表記。まさか。

というお話でした!

 

続きを楽しみに読み進めていきましょう!

 

ドロヘドロ5巻の謎のネタバレ(こちらは徐々に追記していきます。)

煙ファミリーの幹部の部屋にいた包帯巻きの人物の正体は?

丹羽社長の魔法は?

鳥太はカイマンのことを何か知っている?

バウクス先生は死んだ?

キリオンの正体は?

アスとニカイドウの関係は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました